契約社員、正社員、アルバイト、パート、プロミスのいう安定って何?

もちろん正社員であれば基本給がありますのでプロミスの言う「本人の安定した収入」は間違いありません。
基本給があれば毎月毎月決められたラインがあることになりますのでそれ以上になることがあってもそれ以下になることはありません。
それが安定として考えると間違いないでしょう。
契約社員も基本給がありますので安定を見ることができます。
しかし安定というのは基本給があればいいというものではありません。
例えば基本給がもらえる正社員や契約社員として勤め始めたばかりであればどうでしょうか。
安定しているとは言えません。
継続するからこそ安定として認められるものになりますので、勤続年数が短いのであれば安定を見るためには不十分になります。
パートやアルバイトであれば基本給はありません。
しかし決められた時間給があり、働き具合によってその給料は変わってきます。
同じ時給700円だったとしても月に20日働いているのと、週末だけ働いているのとでは月収に大きな違いが出てくるものです。
しかし安定として考えてみると、そこには正社員や契約社員として働くことと同じ条件が出てきます。
継続です。
どれほどの期間継続して勤務をしてきたのか、それによって安定を図ることができます。
例えば1年も働いていれば安定としてみることができるでしょうし、3年ともなれば充分な安定としてみることができます。
数か月程度の勤務では恐らく安定を見ることができないでしょう。

脱毛は当たり前?脱毛への認識が変わってきてる!

脱毛が当たり前のマナーにもなってきたこの頃、夏場が近づいてくると特に女性の方は脱毛に熱心に取り組むことかと思います。
脱毛をすると当然見た目もつるつるで綺麗なお肌が手に入れられ、ノースリーブや肌を露出服も可愛く着れるようになるというメリットがありますよね。
そもそも、ムダ毛は本来体を守るために存在するものなので、決して害があるものではないのですが、やはり女性も男性もその処理には悩まされている方は多いかと思います。
特に脇の毛などは、他人のがちらっと見えた時にふさふさだったりするとなんとなく気まずくもなったりする時がありますよね。
日頃から処理を続けていてもムダ毛は生え続けてしまうため、それによるストレスや自宅での脱毛で肌トラブルを引き起こす等、脱毛は意外とめんどくさいものです。
見た目だけで人から判断されるのも悲しい話ですが、やはり男性の方も女性の方もムダ毛の処理はエチケットなようなものだと感じている方が多く、ケアをしているかたとそうでない方ではやはり抱く印象も大きく変わってきます。
お顔のヒゲや眉毛、着替えの際に見える可能性が高いワキなどは、自分で思うよりも結構周りの人に見えているものなので、人によってはそれを見て不愉快になる場合も少なくありません。
女性や男性、今では子供の美意識も高くなってきた近代、おしゃれやコンプレックス解消で行なっていた脱毛が、「しなければならないもの」になりつつあるのかもしれません。

This entry was posted in 除毛.